ダビング本舗

DVDの取り扱い方

DVDにはメリットもありますが注意すべきこともあります

永久に見れなくなるのはイヤ 思い出は宝物!!

思えば楽しかったなァ。日々のこどもの成長・・・・
あの時のビデオが見たい!!

お問い合わせは電話 082-276-2188 Eメール info3@digimemo.co.jp

DVDの注意点

家庭普及率が高く、比較的簡単に扱えるビデオテープには、これから長期保存しようとするといろいろな心配事があります。たとえば画質劣化したりカビで見れなくなったり、最終的にはビデオテープの再生装置がなくなってしまうという心配です。

一方で、DVDもいいことばかりではなくて、長期保存するためには注意すべきこともあります。多くの方に知っていただき、大切な記録の長期保存の助けにしてください。

取り扱いと使用上の注意

DVDを買って来ると注意書きが入っています。あまり注意して読んだことはないかも知れませんが、DVDを長期保存するためには守らなければならないことが書いてあります。ここで今一度取り上げてみます。

  • 記録面にキズ、汚れ、指紋、ホコリ、水滴などが付かないように取り扱ってください。
    キズや汚れはレーザー光による読み取りが邪魔され、記録信号の読み取り不良になる場合があります。また水滴は乾いたときに汚れの膜ができ、これもまたレーザー光の通りを邪魔し、記録信号の読み取り不良になる場合があります。

  • 付着した汚れ、ホコリなどは柔らかい乾いた布か、市販のクリーナーを使って軽く拭き取ってください。有機溶剤は絶対に使用しないでください。
    硬い布で拭くとキズがつきます。
    石鹸などを使って拭くと石鹸の成分や水の中の汚れが残って、乾いたらその汚れがレーザー光の通りを妨げ、再生不良の原因になります。また、柔らかい布で拭く場合も、円周に沿って拭かないでください。必ずディスクの内周から外側に向かって拭いてください。 その理由は、映像信号はディスクの円周に沿って記録されていて、円周に沿ってキズが付くとエラー訂正が困難になるからです。外周に向かって拭くと、たとえキズが付いてもエラー訂正機能で正常に再生できる可能性が高くなるからです。

  • ケースから取り出すとき、記録面に触れないでください。
    保管する場合はかならずケースに入れてください。

    記録面に触れますと指紋が付いたり、キズがついたりします。またケースに入れないで保管するとゴミが付いたりキズがついたりします。

  • 記録面へ文字など書き込むことは絶対にしないでください。
    マジックペンなどで書くと正常に再生できなくなることもあり、溶剤などを使って拭いてももとの状態にならない場合もあります。また溶剤には不純物が入っていて、乾くとそのゴミが付着します。

  • 直射日光の当たる場所、高温・多湿な場所に保管しないでください。
    直射日光に長期間放置すると録画内容が消える場合があります。また車の中に放置して高温になると変形する場合があります。メーカー推奨の保存環境は55℃以下となっています。

  • 結露が生じないように温度差の激しい場所に保管しないでください。
    結露が生じると、乾いたときに汚れが残ることがあります。

  • 落下させたり衝撃を与えたり、また強く変形させないでください。
    衝撃によりはがれたり、張り合わせがズレたり、またキズが付いたりします。

  • ラベルなどを貼らないでください。
    ラベルが再生機器の中ではがれる場合があり、はがれると、機器やディスク自体を傷めることになります。

技術の進歩が早い

映像を記録する媒体がビデオテープからDVDに急速に世代交代しています。最近は技術の進歩が早く、このDVDも次世代の媒体が主流になると、また世代交代することになります。

次世代の媒体の規格には現在二種類あり、これらに互換性はありませんが、どちらも現行DVDの再生ができるようです。次世代の媒体の両陣営とも現行品をこれから先20年間は再生できるようにすると表明しています。この期間は少し注意しておく必要はあると思いますが、少なくてもビデオテープの再生環境よりは再生寿命が長いものと思われます。

かりに今のDVDが再生できなくなる時がきても、これははデジタル記録ですから、そのときに使えるデジタル録画機でコピーすれば画質劣化なしに次世代の媒体に大事な映像資産をバトンタッチできます。そのころにはビデオテープの再生装置は故障で使えなかったり、コピーしようと思っても再生装置を売っていない可能性も十分あります。

DVDプレーヤーで再生が100%保証されていません

規格上の問題で、全てのプレーヤーで再生できるとは限りません。一部のプレーヤーで再生できない場合があるようです。古いプレ-ヤーにその傾向があるということを聞きますが、2000年以降に購入されたプレーヤーでは、ほとんど問題なく再生できます。

また、ゲーム機のプレイステーションでも再生できますが、2000年より古い製品では再生できない場合があります。そのため、ゲーム機で再生して見る場合は特に注意が必要です。



  • 普通版 ビデオテープをDVDに 録画内容が簡単にわかります チャプターインデックス付
  • 保存版 ビデオテープをDVDに 再生しなくても録画内容がわかります チャプターインデックス印刷付
  • MPEG版 ビデオテープをMPEG変換 編集するのに最適、スマホ用に変換もOK!
  • ブルーレイにダビング ビデオテープをBDに 数本のビデオテープをブルーレイに メニュー&チャプター付
  • お友達にご紹介ください ご両者に特典を進呈